薬剤師にはいくつか転職先があります

総合病院の薬剤師だったが出産を機に転職決意

総合病院の薬剤師だったが出産を機に転職決意調剤薬局は希望に合わせたワークスタイルを実現しやすい家の近所の調剤薬局に転職することを決める

学校を卒業してから薬剤師として働いていて、総合病院に就職していましたが出産を機会に転職しようと思いました。
病院や個人のクリニック、調剤薬局やドラッグストアなどいろいろな転職があり、どこが良いかと迷っていました。
先に転職していた同じ薬剤師の友人に相談すると、調剤薬局で働いてみてはどうかとアドバイスされ、調剤薬局にはいろいろなメリットがあるそうです。
例えば、いろいろな患者とコミュニケーションを図ることができやりがいを感じることができるとのことです。
処方箋薬に関して詳しい知識を身に付けることができ、疑義照会や服薬指導などの最前線で患者の守る役目を得ることができます。

スタッフ一人ひとりが薬局の顔になり、希望に合わせたワークスタイルを実現しやすい特徴があるそうです。
多忙な薬局でもきちんと休憩時間をとることができ、管理薬剤師になると年収が更にアップするようになります。
総合病院で働いていた頃は仕事の量が多く、休憩をなかなかとることができなかったので、時間におわれないような職場が良いと思っていました。
調剤薬局で働いていると患者と直に接する機会が多く、病状が良くなっていくことを実感することができ、親しくなることで感謝をされることが多くなるそうです。