薬剤師にはいくつか転職先があります

調剤薬局は希望に合わせたワークスタイルを実現しやすい

総合病院の薬剤師だったが出産を機に転職決意調剤薬局は希望に合わせたワークスタイルを実現しやすい家の近所の調剤薬局に転職することを決める

友人も調剤薬局で働いていますがやりがいを感じていると言っています。
処方箋に基づいた業務に従事しているので、処方箋薬に関する知識に詳しくなることができ、スキルアップに繋がるそうです。
医師の処方箋が適切か判断したり、適切に薬を使用してもらうため服薬指導を行うことも多く、患者を服薬によるアクシデントから守るため責任を感じることができやりがいにも繋がっていると言っていました。
調剤薬局の場合はスタッフが3〜7名在籍していることが多く、少し経験を積んでいくと薬局を運営していくという観点からいろいろな業務に取り組むことができます。
働き方の面のいて自分のライフスタイルに合わせた働き方を実現しやすく、忙しい調剤薬局でもそれほど激務にはなりにくいメリットがあります。
友人の場合も出産や家の用事に合わせて仕事をアレンジすることがあり、上司や同僚とうまく調整することができるケースが多いと言っていました。
近くに病院があれば一定数の患者が利用することになるので、一日の忙しい時間帯などをだいたい把握することができるので、適時休憩を入れることができるそうです。
友人が働いている薬局はいろいろな世代の人がいるので、家の用事などに対して臨機応変に対応していると言っていました。