薬剤師にはいくつか転職先があります

家の近所の調剤薬局に転職することを決める

調剤薬局の場合シフト制が基本になっていて、複数のスタッフが交代しながら働いているので、出勤する曜日や時間を都合に合わせやすいというメリットがあります。
調剤薬局で働くスタッフの一日の処方箋受付や調剤に対応する回数などは、過労に伴うミスを予防するため上限数が決められているので、それほどハードワークにはならないそうです。
忙しい薬局でも休憩をとることができるので、無理なく働くことができる環境が整っています。
友人と一緒に薬剤師の求人を探し、家の近くにある調剤薬局に転職することに決めました。

元調剤薬局勤務の薬剤師ですが、かかりつけ薬剤師制度は転職した原因の一つです。
かかりつけ薬剤師になるには勤務時間や勤続年数の条件もあって同じ薬局内でも一部の人に負担がかかりすぎです💧 https://t.co/RTNG9BqLll

— くすりや (@qusuriya) 2018年3月16日
通勤時間が15分ぐらいで途中スーパーマーケットや郵便局があるので、気軽に立ち寄ることができるので便利です。
薬剤師の資格を持っていると総合病院やドラッグストアなどにも転職することができるので、就職先の選択肢が広いので良かったです。
キャリアアップのために今より規模の大きい病院に勤める人もいれば、ライフスタイルに合わして労働時間の融通がきく職場を選択することができたり、コミュニケーションを重視して小さな薬局に勤める人もいます。

総合病院の薬剤師だったが出産を機に転職決意調剤薬局は希望に合わせたワークスタイルを実現しやすい家の近所の調剤薬局に転職することを決める

薬剤師(転職) : 薬剤師の転職・募集